Web Site Photo Essay Series “Shimura Hiroshi Cambridge Journal”
ケンブリッジ通信
  
第16号 ・ 2003年9
月15日発信 ・ 15 September 2003 Issue・ Vol.16



英国ケンブリッジに在住し、シルクスクリーン版画作家、映像アーティスト、ビデオ・エッセイストとして
創作活動を続ける志村博
が、日々の生活に根ざしたテーマを、映像と文章で綴る“映像エッセイ集”


発信元/写真・文・構成: 志村博



“熱波”に浮かれた英国カントリー・ライフ

夏の花
彩スポットに 人とハチたちが集う

アーチャー家 愛猫“オリバー”狩猟三昧




“熱波”に浮かれた英国カントリー・ライフ





●上の写真にカーソルを合わせると映像がロール・オーバーします。



今年の夏は、“熱波”がヨーロッパを襲った。 ヨーロッパ大陸南部では、大規模な山火事が起こり、
旱魃が広がるなど、異常気象は社会問題になった。 8月になって、この熱波が西に移動を始めた。
熱波がイギリスに到達する前から、ニュースでは“熱波予報”も出され、大変な関心事になっていた。
南フランスの山火事ではイギリス人観光客の犠牲者も出る中、“熱波”は
ドーバー海峡を越えた。

8月には珍しく、連日快晴が続き、気温は上昇を始めた。一番初めに影響が出たのが、鉄道だった。
想定外の高気温のため、レールの熱伸張過剰が鉄道運行に支障をきたし、ダイヤが大幅に乱れた。
ロンドンの地下鉄には、冷房設備はなく、車内や地下道が蒸し風呂状態になり、苦情が続出した。
イギリスの気象観測史上最大の気温上昇で
熱波に対する備えのない生活システムは混乱した。

ロンドンの最高気温は約38度
ケンブリッジは約36度の新記録が出た。 しかし湿度が低いので
“蒸し”暑さがなく、日差しも高緯度のイギリスでは、真上から照りつけることはない。 日本の猛暑と
比べるとかなり違う。 昼間でもレンガ造りの家の中は涼しく
野外の木陰は快適な爽やかさである。
湿気がないせいか
日本ではお馴染みの“夕立”もない。 毎日美しい夕焼け風景が広がっていた。

最も暑くなった期間も
最低気温は20度前後で熱帯夜になることはなかった。 しかしレンガ造りの
住宅は熱を蓄積するので
みんな「夜は暑くて、眠れない。」と言いながら夜の散歩に出かけていた

熱波の間だけ
寝室を階下に移す家も多かった。 家から熱を逃がすため、窓やドアを開け放すので
都会では空巣が急増したらしい。 交通機関や大都市では、予期しない様々な問題が噴出していた。

ところが、そのような混乱は他所事のように、カントリー・サイドは“熱波”に浮かれる
人たちで溢れた
8月は休暇の人も多く、通勤や通学の労苦から逃れられた幸運な人たちは、稀有な熱波と戯れた。
冬が長く暗い北国イギリスの住人たちには、熱帯への強い憧れがある。 その熱帯のような陽気が、
向こうからこちらにやって来たのである。 生活に不都合があっても楽しむべき時なのかも知れない。



ケンブリッジで、最高気温の記録が出た頃
、私はティー・ガーデン“オチャード”の木陰で、オーナーの
ロビン・カレン氏、映画「ルパート・ブルック」脚本執筆中のマイク・リード氏との3人で、昼食中だった。
話は尽きず、その日の“熱波予報”にも及んだが、不快な暑さはなく
、35.9度の新記録であったことは、
後になって知った。 目の前には
、緑陰でお茶を楽しむ、いつものティー・ガーデン光景が広がっていた。





●上の写真にカーソルを合わせると映像がロール・オーバーします。



暑くなると人々は
水辺に集う。 イギリスの海辺は未曾有の人出となり、まるで湘南のごとく賑わった。
しかし、海水温は急上昇しないので、海上を霧が漂い、海辺で寛ぐ人達も、時折“海霧”に包まれた。
内陸部も、朝霧が発生することはあったが
、昼前には晴れ上がった。 晴れても青空は霞み、日差しは
柔らかい。
街から近い“グランチェスター・メドー”にも、連日たくさんの人が押し寄せることになった。

人々は川岸に集い、川で泳いだり舟遊びをしたりと、散々に水と戯れた。 熱さに浮かれて子供たちも
大人たちも、半裸状態で野辺に寛ぎ、水辺はどこも喚声と水しぶきが上がった。 ヨーロッパ大陸では
気象災害をもたらした大熱波も、島国イギリスでは猛威を、奮えなかった。 山火事も起きなかったし、
顕著な旱魃被害も、死者が出たと言う話も聞かなかった。 取り囲む海が、熱波力を弱めたのである。



一般的にイギリスでは、暑い夏を「Good Summer」、寒い夏を「Bad Summer」と言う。 この例いでは、
今年は、「Very Good Summer?」と言うことになるが、近年頻発する洪水や暖冬傾向と、無縁では
なさそうである。 これが地球規模の気候変動
前兆であるとすれば、浮かれている場合ではない。
多くの気象学者が予告する、急激な“地球温暖化”は、一体私たちに何を、もたらすのであろうか?



 ページ・トップに戻る





夏の花彩スポットに 人とハチが集う





●上の写真にカーソルを合わせると映像がロール・オーバーします。



春の野辺は
、キンポーゲや菜の花など春の到来を告げる花々で、一面の“色彩カーペット”のようになる。
桜、林檎などの木々も、春に枝一杯の花を咲かせ、彩りは風景を一変させる。 春は、色彩の季節である。
しかし、新緑が終わり、本格的な夏になった途端、鮮やかな彩りは風景から消える。 木々は深緑になり
牧草は穂を伸ばし種を付ける。 一面の草原はうす茶色に、麦畑も実りの季節を迎え、黄金色に変わる。

7月から8月にかけて、春季の彩りが消えた風景に、夏の花々が“色彩スポット”のように浮かび上がる。
ホリーホック、フォックス・グローブ、朝顔、アザミ、オグルマなど、色鮮やかな花が、長い期間、咲き続ける。
これらの花は、イギリスで自生していた野草であるが、伝統的に、コテージの庭花として定着したのは、
野や木々に、彩りが消える夏に、咲く花だからだろう。 人気があるのは、人にだけでは、なさそうである。

見ていると、様々なハチたちが、引っきりなしに花を訪れている。 彼らは、カメラを向けても知らん顔で、
花粉まみれになりながら、夢中で花芯に、頭を突っ込んでいる。 この時期、花の季節は過ぎ、菜種畑も
収穫が終っているので、少ない夏花こそが、大切な食料供給元になっている。 人の目を楽しませている
のではなく、ハチたちの目を惹き受粉を手伝わせる。 夏花は、虫たちを魅了する“色彩スポット”である。



ケンブリッジとグランチェスターを結ぶ“フット・パス”の一番端、グランチェスター教会に抜ける小道には、
夏草が美しい花を咲かせる。 このフット・パス脇の花園は、レンガ塀とアスファルトとのわずか50cm程の
露地スペースなのだが、近所の人が、面倒をみている姿を、時々見かける。 過度に植え込まれることなく、
自然に配置され、しかも花が絶えない。 ここを通る人たちは、足を止め、花の一つ一つを覗き込んで行く。



 
ページ・トップに戻る




アーチャー家 愛猫“オリバー”狩猟三昧





●上の写真にカーソルを合わせると映像がロール・オーバーします。



イギリスの田舎で出会う猫たちは、逞しく態度がでかい。 野や庭園を歩き回り、広い縄張りを持っている。
餌を十分もらっているはずなのに、狩りを日課にしているらしい。 つまり、彼らの縄張りは“狩場”なのだ。
彼らには彼らの“掟”があり、猫独自の生活圏を持っている。 人に甘えても、人の“家来”にはならないし、
飼われているのに、人とは対等の付き合いである。 何を考えているのか理解できず、神秘的ですらある。

私自身は猫を飼っていないが、彼らを見ているのは楽しい。 初対面でも呼べば立ち止まり、寄って来る。
知り合いになれば、猫の方から呼び止める。 そんな“友だち猫”が、何匹か出来た。(
猫エッセイ参照)
私は餌をやることはしない。 彼らは私を退屈しのぎか、狩りの途中の気分転換と考えているのだろうか。
出会えば、喜んで寄って来て、しばらくの間、私に纏わりつき遊んでくれる。 そして、飽きると、立ち去る。

最近よく会うのが、アーチャー家の愛猫オリバー、ほとんど毎日アーチャー邸から道を渡って通ってくる。
私のアトリエの前の庭が彼の縄張りで、窓から覗くと草の上に座り、耳を立てて茂みの中のネズミや、
土の中のモグラの動きを窺っている。 とても真剣な眼差しだ。 時々身構え、ぴょんと飛び上がっては、
草場や茂みに潜む小動物を捕まえている。 まさに野生動物の動きそのもので、小さな豹のようである。

そんな精悍なハンター猫も、私の姿を認めるとすぐに“狩り”をやめる。 そして、「ニャーゴ」と呼びかける。
この呼びかけ声は、他の友猫たちの「ニャーン」とか、「ニャニャ」とは異なり、だみ声でかなり迫力がある。
まるで脅迫声である。 私の足元や手に、頭を擦りつけてネコ科特有の挨拶を交わし、友好を確かめ合う。
どこにでも、仰向けに転がり、ついには寛いで“グルーミング”を始める。 最近は抱き上げても、大人しい。



今年の夏、ジェフリー・アーチャー卿の奥方“メアリー・アーチャー”のドキュメンタリー番組が放映された。
全国ネットTVに、“オリバー”がメアリーさんと一緒に、堂々出演している姿が、微笑ましく、格好良かった。
狩りに励むのは本能だから仕方ないけど、野鳥保護団体によると、野鳥の敵 No.1は、飼猫だそうである。
畑ネズミも、モグラも、リスも、針ネズミ以外はみんな迷惑しているから、いい加減にしろよな。 オリバー!



 ページ・トップに戻る




 
写真・記事の無断転載はご遠慮下さい。 Photo, Essay & Web Design by Hiroshi Shimura