志村博の展覧会情報 Exhibition Information





イギリスを知る会(SSBC) 第102回 セミナー

テーマ:「グランチェスター(Grantchester)
-- 私をイギリスに引き留めたケンブリッジ郊外の小さな村 --」

講 師: 志村 博
日時:2007年5月12日(土)午後2時30分〜4時30分
場 所:中央大学駿河台記念館





セミナー概要

グランチェスター(Grantchester)
-- 私をイギリスに引き留めたケンブリッジ郊外の小さな村 --



1975年、私はイギリスに旅立った。 深い理由などなく、ちょっとした切っ掛けで、
広く世界を見てみたいと思ったのである。 1月の晴れた日、
初めてケンブリッジの駅に降り立った時のことを、今も鮮やかに 想い出せる。 
その時は、ただの学生で、アーティストでも写真家でもなかった。
到着して間もなく、中世の面影が色濃く残り、若いエネルギーに溢れる、
この"学園都市"に魅了された。 そして、しばらくこの街に留まる決意をした。

その年の晩春、私は友人に誘われるがまま、川沿いのフットパスを歩き、
ある村に向かった。 その村の名前が、"グランチェスター"である。
歩き出すとすぐ市街地を抜け、広いメドーに出た。 なだらかな丘を登り、
自然の川 が緑の牧草地の中をゆったりと流れている光景を眺めたとき、
衝撃が走った。 本当に、このような風景があるのだ! しかも、こんな近くに!
それまでは、 絵の中とか、どこか遠く離れた場所にしかない風景だと思っていた。

その後、この街で、様々な運命の出会いがあり、滞在を延長するうちに、
学生から アーティストになり、イギリスの永住権を得て、今日もケンブリッジに
住んでいる。 32年前まで、東京で普通の学生生活を送っていた
私の人生を変えてしまった最初の 出会いは、"グランチェスター"であったと
言っても過言でない。 この"グランチェスター"との出会いが人生を変えたのは、
私だけはない。 かつては、 ミルトン、バイロン、ワーズワース、そして、
詩人ブルックとその仲間たち、 現在でも、多くの人々がこの場所を愛し、
この場所に集う。 そんな日々の風景を、 そして四季の移ろいや人々の生活を、
私が撮影した"とっておきの映像"で紹介する。

"グランチェスター"抜きにして、"ケンブリッジ"を語ることはできないと人は言う。
もちろん、"ケンブリッジ"抜きにして、"グランチェスター"を語ることもできない。
今回は、"ケンブリッジ"と"グランチェスター"の32年を語る。





Event: Toiro-kai 7th Seminar
Time/Date: 7.30 for 7.45pm, Saturday 5 May
Venue: Seminar Room, No.1 Newnham Terrace, Darwin College.
Title: 32 years in Cambridge
Speaker: Shimura Hiroshi




Seminar Abstract:


32 years in Cambridge


It was January 1975, when I arrived at Cambridge for the first time.
My intention was not a long stay for study in this university town
but to look around the world. I was a postgraduate of a University
in Tokyo. I was not an artist or a photographer yet.
I was just a sightseer. Later, I encountered many chances
and extended my stay year by year, I was allowed to stay as an artist
and have remained in Cambridge until today.

When I look back on my 32 years' stay in this medieval town,
although some college scenes remain almost the same all the time,
the world has not been monotonous at all. I realized the changes
clearly as I looked at the town and people's lives.
When I came to Cambridge in the beginning of 1975,
Vietnam War was still on,the Iranian revolution was yet to take place,
and many Iranian people were seen in town.
It was rare to see students or sightseers from China or Korea.
Exchange rate for a pound was almost 800 yen.
Bus ticket cost me only 10 pence. I was able to see a film
at Arts Cinema for as little as 20 pence.

There was no PC or Internet in this world. Nobody had expected
such rapid revolution of IT. Bubble economy had swell and burst in Japan.
Mrs. Thatcher changed structure of British society. Relationship
between Japan and UK or Cambridge University also had to change.
And English climate has changed too. English winter used to be severe
and the River Cam froze over some times.
I remember some cheerful students cycled on the frozen river.

I am going to show photographs and video of most interesting scenes
and talk about my 32 years in Cambridge.
Cambridge University 800th anniversary is two years away
and many projects are in progress. I hope my 32 years experiences
are long enough to change your impression on Cambridge.