志村博の展覧会情報 Exhibition Information




 



“志村 博のケンブリッジ通信”
「フォト・ダイアリー特別展 www.shimura-hiroshi.com」


場所:東京・池袋サンシャイン60展望台 「スカイ・ギャラリー」
期間: 2004年 12月30日/木 〜 2005年 1月16日/日 無休

後援:ブリテッシュ・カウンシル  ● 協力:キヤノン販売(株)


   

 英国・ケンブリッジに30年以上在住し、シルクスクリーン版画作家・映像作家として、

創作活動を続ける志村博が、映像と文章で綴り、発信するウェブ・サイト “ケンブリッジ通信”。
サイトから選抜した写真580点を、高画質プリントで出力し、全長約50mの壁面 に一堂展示。


会場内では、ビデオ・エッセイ、DVD映像作品を常時大型TVモニターで上映。
その他、オリジナル・カレンダー、シルクスクリーン版画コーナーも設置。


展覧会のご挨拶

近年、映像や画像に関する技術革新は目覚しく、日々進歩しています。
デジタル・カメラや、ジェット・プリンターの出現は写真の撮り方や表現を
変えつつあります。 より手軽に、高品質・高密度の映像を捉えることが、
可能になり、より快適な環境でプリント作業もできるようになりました。
そして、写真作品の発表の仕方も、インターネットを通じ、世界に向けて
発信することが容易になるなど、新しい時代の到来です。

今回の展覧会タイトル「ケンブリッジ通信」は、5年前よりインターネットで
発信を続けている個人的なサイトです。 現在、数千点の写真や画像を
掲載しています。 ウェブ・サイト上の公開で、データを軽くする必要や、
映像権の問題もあるので、かなり圧縮されています。 今展覧会では、
各テーマごとに、公開・未公開の写真を高画質のまま、展示しています。

展示されている写真は、赤外線写真を除き、すべてデジタル・カメラで
撮影したものです。 A1サイズ大判プリント以外のA3ノビ、A4サイズの
プリントは、すべて自らジェット・プリンターで出力したもので、ほとんどの
写真は加工を加えず、撮影したままのjpegデータから
プリントしました。
より多く、より見やすくするために、プリントはそのまま壁面にピンだけで
展示しました。 個人の会場写真展で500点以上を一堂に展示するのは、
珍しいことであり、新しい時代の一つの提案になればと、思っています。

展覧会実現のために、惜しげもない協力を下さったキヤノン販売(株)、
素晴らしい会場を提供して下さり、私のゲストにも特別の配慮を下さった
サンシャイン・シティ、今回も後援下さったブリティッシュ・カウンシル、
各位様に、心より感謝を意を表します。 
                                     志村博     



   

   

 
展覧会に来られた方々から、たくさんメールを頂きました。 ありがとうございました。
メールの一部を、ここに紹介させて頂きます。


1月16日展覧会最終日にたまたまサンシャインに遊びに行って、
志村さんのケンブリッジ通信の展覧会に出会うことができました。 私もイングランド東部に
たびたび行っていたので、本当に「懐かしい」と、写真の前から離れられなくなりました。

行ったことのない人にもイングランド東部の魅力が十分伝わる写真の 数々だと思いますが、
一度あの風景にとりつかれた人間には、本当に「懐かしい」と泣けてくるような風景に
ただ感動いたしました。 正月から本当にうれしい体験でした。

東京 O.K.さん、
女性


昔から殆ど変わらない姿をとどめるケンブリッジの自然の風景や、
少しずつ変る街や人々の景色などが、様々に静かに優しく、そして、とても雄弁に語っていて、
一瞬を切り取った写真が、永遠に続く物語を紡いでいるようです。
先生の作品はどれもが普遍性を持っていて、改めて感動しております。
本当に素晴らしい展覧会を有難うございました!

先生のカレンダーやポストカード、そしてHPを拝見しながら、記憶の中のたくさんの写真を
思い出しながら、頭の中で毎日展覧会を開かせていただいております。
それぞれのテーマの写真が映画のように流れていくので、とてもとても幸せな気分です。

千葉 T.M.さん、女性


志村さんの現物の作品をどうしても見たくなりまして、 土曜日池袋のサンシャインに
観に行って参りました。 志村さんが感じた事、伝えようとしていたことは
こうゆう事だったのだと、すごく感動をおぼえました。

一枚一枚の写真の中にある人物が感じている豊かさや幸福感は
今、日本が迷走している中に、世界にはこんな答えもあるのかと考えを新たにさせられます。

映像を見ていると、ケンブリッジを愛している志村さんだからこそリラックスしている
素顔の映像が撮れたのではないかと、勝手に想像しています。

ケンブリッジの学生の表情や行動は何でこんなに絵になるのでしょう。
映像のボートの解説も非常に面白かったです。 バンプしたあと 木の枝を体にまとうシーン、
代々乗りつがれているであろう ボート、背景の青々とした自然。
ここにも私たちが、
これから気がつくであろう価値観を、彼らはすごく大事にしていることに勇気づけられます。

空、湧水、風、光、そして優雅に流れる時間・・・・・ こんなところにアトリエがあるなんて、
うらやましい限りです。 ケンブリッジの風を有り難うございました。

東京 G.M.さん、
男性


こんなに展示数の多い写真展は初めてでしたが、飽きることなく楽しませていただき、
増々、ベストシーズンにイギリスに行こう!という気持ちになりました。
富士山や東京タワー、レインボーブリッジの夜景もとてもステキでした。

東京 A.F.さん、
女性


写真展は、そこに立っているだけで幸せになるくらい素敵でした。
何も知らずに引きずられていった主人が、「あんなにいいとこだった?」 といっていましたが、
全く同感です。今現地に住んでいる人達に見せても きっと皆さんそうおっしゃるでしょうね。
ぜひもう一度お伺いしたかったのですが、余裕がなくて残念です。

むこうで全く何も見ないで帰ってきたことがあらためてわかりましたので、
とりあえずデジタル一眼を買い、リベンジに行こうと思います。
夏のグランチェスターでお茶を飲んで、秋のブナの森を走り回りたい。
ボートレースを観なかったのは一生の不覚、と主人が申しております。

兵庫 K.K. 女性



すばらしい写真の一つ一つを拝見させて頂き、馴染みのある場所が多く写されていて、
感激でした。大学を卒業してまだ6ヶ月余りしか経っていないのですが、
強くケンブリッジの姿が僕の目に映ったのは、やはりそれだけ思い出の深い場所で
あるからだと思います。色彩豊かなケンブリッジ、そしてグランチェスターの四季の風景を
見事なアングルから撮られた数々の写真は、とても貴重なコレクションだと思います。
またいつか未来のケンブリッジの姿を志村さんの写真を通して目にすることを
楽 しみにしております。

東京 M.S.さん、男性


写真は充実していて、エッセイも楽しかったし、志村さんのケンブリッジでの自然や、
街に対する接し方が伝わってきました。 これからも ご活躍を期待します。
又、エッセイの本、早く出版してください。じっくり読みたいものです。

静岡 K.S.
さん、女性


いやあ、なつかしい光景の写真でした。ケンブリッジに想いをはせながら、
東京と いうのは「絵」にならない場所だなとつくづく思いました。
バンプスでもボールでも 写っている人はその時「舞台の主役」になっているのだけど
東京はひとりひとりが 「エキストラ」以上にはなりえないのではないか、と感じています。
(池袋駅から展覧会へ歩いて来る時に、貼ってあるポスター を見て
一枚失敬してしまおうかなんて思ったりしていたのでした)
展覧会終了後、ポスターなど回収しました。 次の機会に差し上げます。 志村

東京 W.K.さん、
男性


短い期間でしたが、写真展を楽しませて頂いて、ありがとうございました。
このバイトをして2年間、スカイ・ギャラリーで写真展を観て来ましたが、
志村さんの展覧会が一番、見ごたえがあり良かったです。
私も、もっと広い世界をみてみたいと思いました。

サンシャイン・バイト学生さん、
女性


ケンブリッジ情報交換掲示板より、

本当に素晴らしい写真展ありがとうございました。色々なお話もうかがえて、
全員とても楽しく過ごしました。 日本にお住まいの皆さん、雪が降ってもヤリが降っても
一度はお出かけになることをお勧めします。 とてつもなくクールで美しいケンブリッジに会えます。

兵庫 K.K. 女性



 
2005年元旦                           2005年1月2日

 
2005年1月4日                           2005年1月3日

 
2005年1月6日                           2005年1月7日

 
2005年1月11日                           2005年1月10日

 
2005年1月12日                           2005年1月13日


年末から始まった東京・池袋サンシャイン60展望台“スカイ・ギャラリー”での展覧会は、
新年を迎えました。 東京のお正月は、快晴の空が広がり、眩しいくらいの眺望でした

三が日は新年を祝うイベントが催され、たくさんのお客さんで、60展望台は賑わいました。
1月16日で、展覧会は盛況のうちに終了いたしました。 来場されて、私の展覧会を、
熱心に観て下さった皆さま、心よりお礼申し上げます。

60展望台より、毎日のように素晴らしい富士山夕景を、撮影することもできました。

皆さまにとっても、2005年が良い年でありますように!  

志村博 サンシャイン60、スカイ・ギャラリーにて、







改行位置は文字サイズを中(M)に設定して作成しています。