志村博の展覧会情報 Grantchester My heartland 2005
2005年 六本木ヒルズ、ハートランド、志村博、映像イベント




 

 

 

 

 

 

期間:2005年11月1日-14日

場所:東京・六本木ヒルズ ウェスト・ウォーク1F “ハートランド”

東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ ウェスト・ウォーク1F ハートランド
営業時間:11:00〜29:00  Tel: 03-5772-7600  URL: www.heartland.jp



ハートランドについて

1986年、六本木6丁目、蔦が絡まる洋館「つた館」に“ビアホール・ハートランド”が
誕生しました。 “HEATLAND”は、この時ハウス・ビールとして、誕生したブランドです。
ビアホールとしてだけでなく、アート・ギャラリーとしても、芸術、音楽 、演劇などの
文化発信を行い、クリエーターや芸術家たちが集まる場所でした。

  
 

2003年春、この“ハートランド”が、六本木ヒルズ、ウエスト・ウォークに蘇りました。
新たなコンセプト・ショップで、入場自由のスタンディング・スタイル型のビアバーです。



投影・展示

ミルトン、バイロン、テニソン、ワーズワースなど、ケンブリッジ縁の文人達が心から愛し、
20世紀初頭、彗星のごとく現れ早逝した、詩人“ルパート・ブルック”の代表作にも、
詠われた場所、グランチェスター。 
そこは、多くの人々の“心の故郷”です


And Sunset still a golden sea
From Haslingfield to Madingley?
And after,ere the night born,
Do hares come out about the corn?


from a part of “The Old Vicarage, Grantchester” by Rupert Brooke
( Cafe des Westerns, Berlin, May 1912)


詩人“ブルック”が、ベルリンのカフェで、懐かしさのあまり、想い浮かべた、
グランチェスターの夕焼けシーンを、詩に詠った部分です。
ブルックが夕焼けを眺めた同じ場所に立ち、
撮影した“夕景写真”9点を、壁面展示。



キヤノン販売(株)の協力により、大判ジェット・プリンター”イメージプログラフW8400”で、
キャンバス地に出力したB1サイズの大判写真を、ハートランドのアクリル額に入れました。





ナチュラル・ウッドの特注サイズ枠に額装した“シルクスクリーン版画作品”
“500X300mm”6点“350X350mm”4点の、計10点を、ラウンジ・ルームに、壁面展示。



オープニング・ナイト

 
  

   

11月2日(水)は、“オープニング・ナイト”として、先回のイベントに続き、「Psygeotic Star」の
“ライブ演奏”がありました。 “ハートランド”は大賑わいで、撮影するのも大変でした。



映像投影

   

   

グランチェスター・メドーやケム川、周辺に広がる田園、大空に広がる夕焼けなど、
ブルックが詠った光景をテーマにした“映像作品”を、大型スクリーンに4面シングル投影。



“ハートランド”投影・展示イベント

   

   

2004年春、“ハートランド”が広くなり、新たに“ラウンジ”が追加されて以来、
第2回目の映像投影と壁面展示を組み合わせた、複合アート・イベント「My Heartland」の開催。